Blog Archives

2018/07/06

『吹き抜けのある平屋の暮らし』

記録的な…歴史的な…とにかく大雨がずっと続いていますね。
小雨になっても地盤が緩んだり、排水溝の水が増水したりしていますので、外出時などの際には十分注意してくださいね!!
また、雨漏りなどお家の事で気になることなどありましたらご相談ください。

さて今日は、多度津町にて施工中の『吹き抜けのある平屋の暮らし』の現場の様子をお伝えします。

外部はサイディングや軒天材などの施工が終わりました。
採用しているサイディングはケイミューさんの「ガーランドタイル」です。板厚が18㎜の深彫りの表面仕上げになっています。
そして軒天材はニチハさんの木目調の軒天を採用しています。細いスリットが入り、リアルな柾目柄を再現しています。

そして、こちらは廊下の明り取りの為、上部に設けた天窓です。

ボードで塞ぐとこのようになります^^

こちらはリビングの吹抜け部分です。

こちらも今はボードできれいに仕舞いされています。
勾配天井に2本の水平梁を空間のアクセントにした、天井の高いリビングになっています。

そのほかにも内部の造作工事が行われ、『吹き抜けのある平屋の暮らし』も完成が近づいてきました^^

クロス選びや照明器具選びは楽しい作業ですが、一つに決めるのには悩みもつきものです。
これからの新居での生活を想像しながら、お気に入りの物を見つけてくださいね♪

WAGAIE


2018/06/01

『吹抜けのある平屋の暮らし』

今日から6月ですね! カラッとした五月晴れで気持ちの良いスタートとなりました^^
2018年6月と言えば、4年に一度の祭典「サッカーW杯」の開幕です。どんなスーパープレイが生まれるのか楽しみですね♪
日本代表も出場しますので応援しましょうね!! 『がんばれニッポン!!』


(毎日新聞より)

さてさて、今日は『吹抜けのある平屋の暮らし』ことM様邸の現場より工事の様子を少しだけお伝えします。

室内側のボード張りが行われています。

こちらは、子供部屋です。
将来間仕切って使うことも想定し、入口ドアを2ヶ所設けています。
お子様がまだ小さなうちはご両親と一緒に寝る子も多いので、プレイルームのように使うことが多いかもしれませんね。
小学生くらいからは、お友達が来た時にはお部屋で遊んだり、ひとりで寝るようになり、中学生、高校生ともなると勉強時間も増え、子供部屋で過ごす時間も増えてきますので、やはり子供部屋は必要です。
しかし高校卒業後は進学や就職などで独立すると考えると、子供部屋が子供部屋として機能するのは、実は短い期間なんですよね。
なので、お子様が独立してからも有意義に使えるよう、子供部屋の間取りを長い目で考えるのは大切ですね。

子供部屋以外でも、ご家族のライフステージの変化を見据え、平屋建てのお家をご希望される方がとっても多いです。
平屋はご年配の方だけでなく、子育て世代にもメリットは多く、今若い世代からも人気が出てきています。

WAGAIE


2018/03/28

『吹き抜けのある平屋の暮らし』

今日は暑いくらいのお天気の良さでした。
桜の木もどんどん彩りを増して、普段見ている景色の中にピンク色が入るだけで、気持ちがかなり上向き↑になりますね(笑)

さて今日は『吹き抜けのある平屋の暮らし』の現場よりお伝えします。

サッシの取付の次に、建物外周へのシート貼りが行われています。

使っているのは、毎度おなじみWAGAIEロゴ入りタイベックシルバーです。
このシートは、透湿・防水シートといって、外壁の下にぐるりと家を囲うように貼っています。
室内からの湿気は外へ逃がし、外からの湿気や雨水は通さないようお家を守る大切なものです。
完成したら全く見えない所ですが、快適なお家には欠かせない建材です。

そして先日、第三者機関の方による中間検査が行われまいた。

中間検査では、建物が確認申請時に添付した設計図書どおりに施工され、安全性が基準を満たしているかを第三者機関の検査員の方が目視や寸法測定などで検査を行います。
構造体も完成したら見えなくなる部分なので、隠れてしまう前には必ず第三者機関の方にしっかりチェックしていただき、安心と安全な住まいを造っていきます(^^)

WAGAIE


2018/03/26

『吹き抜けのある平屋の暮らし』

各地の桜だよりが届きだしましたね!!
今朝、家を出る時に見た桜の木には、今にもポッと咲きそうなくらい蕾が膨らんでいました。
帰宅する頃にはもう咲いているかもしれないと思うとワクワクします♪

さてさて、そんな今日は『吹き抜けのある平屋の暮らし』の現場よりお伝えします。

先日お伝えした屋根の瓦葺きが終わっていました。

トップライト(天窓)も設置されています。

お家の中から見るとこのようになっています。
眩しいくらいの採光ですね^^

開口部のサッシも取付けられています。
使っているサッシは、アルミと樹脂の複合サッシでガラスはLow-Eガラスになっています。
Low-Eとは、Low Emissivity(低放射)の略で、複層ガラスの内面部に特殊な金属膜を設け、熱の伝わりを軽減します。
夏場の冷房効果を高める遮熱タイプと冬場の断熱効果を高める断熱タイプがあり、冷暖房のランニングコストの削減にもなります。

そして先日、お施主様と現場にて電気配線などのお打ち合わせが行われました。
生活動線に支障がないよう、スイッチやコンセントの位置などは、実際に現場で立ち会って決めていきます。
図面上でお話しするより、現場でお話しすると高さや動線などのイメージがしやすいので、他にも色々と確認させていただいています。

WAGAIE


2018/03/15

『吹き抜けのある平屋の暮らし』

季節の変わり目でなんだか体調が優れない...なんて声を最近よく耳にします。
私もついこないだまで風邪をこじらせてしまい、長い間すっきりしない日々を過ごしていましたが、やっと回復しました!!
なにかと忙しくなりがちな3月ですが、元気に乗り切りましょう(^^)

さて今日は、多度津町にて施工中の『吹き抜けのある平屋の暮らし』より工事の様子をお伝えします。

屋根の瓦工事が行われています。

瓦は専用のハシゴ「瓦荷上げ機」を使って屋根の上へと運びます。

平屋のお宅なので、屋根の面積も多くダイナミックですね!!
使っている瓦は、鶴弥さんの「スーパートライ110スマート」で、新色の「アンティックブラウン」を採用しました。
洗練されたフラットな形状なので、屋根形状が複雑なお宅でもスマートな屋根に仕上がると思います。

中の様子はというと...
こちらは、吹抜けのあるリビングです。
ちょっと写真ではわかりにくいかもしれませんが、紙で包まれている部分は表しの2本の梁です。

完成イメージだとこんなかんじでしょうか(^^)
これからの変化が楽しみです♪

WAGAIE


PROFILE

WAGAIE (ワガイエ)

香川県丸亀市の地元を中心に、
注文住宅の新築、リフォームを行っている工務店です。
「ワガママをカタチに。」をコンセプトに、
WAGAIEPROJECTを展開中です。
WAGAIEとは、
我が家(ワガヤ)+ワガママな家を意味します。

有限会社亀山工務店
〒763-0071 香川県丸亀市田村町659 (MAP)
TEL:0877-23-5313/FAX:0877-23-5314
MAIL:wagamama@wagaie.jp
OPEN:9:00-18:00
CLOSE:第1・第3土日、祝日
     (※予約の場合は営業)

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE