Blog Archives

2019/04/08

木工工事

先週末は最高のお花見日和でしたね^^
WAGAIEでは、新しく始まるF様邸新築工事の地鎮祭が行われました。
地鎮祭の様子は、また後日のブログでご報告させていただきますのでお楽しみに♪

さてさて今日は、WAGAIEオーナーさん宅よりお伝えします。

まだ寒さが堪える頃に、WAGAIE倉庫にて大工さんが何やら創作をしていました。

この段階で、ただならぬ大作の予感がしていましたが、
設計図は大工さんの頭の中…大工さんに説明を聞いても、ピンと来ていませんでした(-_-;)

そして、これが現場で組み立てられると…

なにもなかったリビングの壁に、遊びゴコロ溢れるディスプレイ棚が!

テレビボードを囲むように設計されているので、テレビのサイズが大きくなっても大丈夫ですね!
吹抜けに伸びる階段手摺の雰囲気にも合っていて、お部屋のアクセントになっています。

季節やその時の嗜好によってディスプレイを変えて、模様替えを楽しむこともできます。
お気に入りのCDや本なども飾ることができますね^^

重さにも耐えられるよう、柱の位置などを計算してオブジェの形など考えられています。
これが頭の中の設計図で作れるなんてすごいですね!!

WAGAIE


2018/12/13

『風景に映える白い家』

 みなさま、インフルエンザ対策は大丈夫ですか?県内の小学校でも学級閉鎖がちらほら出てきているようです。人ごみではマスクを、そして、お家に帰ったら手洗いうがいをお忘れなく。

 さてさて、今回は『風景に映える白い家』の完成をご報告いたします^^

こだわりがたくさんの素敵なおうちが完成しました^^


 
照明とタイルがベストマッチングな玄関です。右側に見えるのは玄関扉です。

 
 
先ほどの写真はこちらのシューズクロークから撮影しました。

玄関横のシューズクローク(土間収納)には、収納するものによって動かせるよう可動棚をたくさん設けています。
このシューズクロークを通り抜けると、水廻りへ直接行けるようになっています。

1階はシューズクローク、水廻り、リビングと行き止まりのない回遊動線なので、お家の中がとても広く感じられます。


 
そして、ダイニング側からの写真です。
階段下は作り付けの見せる収納が。右奥にはおしゃれな欄間の和室もあります。
こちら和室は玄関ホールからも繋がっており、リビングとの間仕切りもあるので、突然の来客も大歓迎できますね。


 
肉厚な無垢材のダイニングテーブルもお部屋のアクセントになっています。

2階の廊下・階段部分です。南東に設けた大きな窓からたっぷり採光できるようになっています。

主寝室にはウォークインクローゼットと書斎を設けています。入口からは書斎が見えないようクローゼットの奥に配置した設計になっています。
天井のダークなカラーで、玄関やLDKとは違ってクールな印象ですね。

そして、リビングの大きな吹抜けが2階との空間を繋いでいます。
2階へ上がる時には、リビングを通って2階への居室へと行く動線なので、いつでもご家族の気配を感じられる間取りとなっています。
吹抜けがあると空調の心配がありますが、温水式床暖房システムを導入し、遠赤外線を利用したふく射熱が壁や天井に反射し、お部屋を均一に暖めてくれるので、室内のどこにいてもポカポカ快適です^^

撮影したのが少し夕暮れ前だったのでお伝えしにくいですが、白壁にシャドーダークのS形瓦が清楚な南欧風のかわいい外観になっています。
お天気の良い日にまた撮影しなおしますね♪

N様、この度はマイホームの完成おめでとうございます。
まだ外構工事などでお世話になると思います。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

WAGAIE


2018/12/10

『風景に映える白い家』

今日もかなり冷え込みましたね。
二十四節気でも12月7日から12月20日は「大雪(たいせつ)」となり、暦の上でも本格的な冬が到来する頃なんですね。

さてさて、そんな今日は『風景に映える白い家』ことN様邸の完成写真の撮影に行ってまいりました。

いつものように、完成ホヤホヤのお宅をお借りして、雑貨などを飾らせていただき撮影をさせていただきました。

こちらのお宅は、玄関を入ると和室を中心にリビング、水廻り、シューズクロークとぐるぐる回遊できる間取りとなっています。

木の温かみを感じる素敵なWAGAIEとなりました。
また後日、たっぷり完成報告させて頂きますのでお楽しみに♪

WAGAIE


2018/12/04

『風景に映える白い家』

愛媛県松山市にある国の重要文化財「道後温泉本館」で、師走の風物詩となっている“すす払い”が行われたようです。
すす払いは今年一年の汚れを落とす年末恒例の大掃除、お家の大掃除も今年こそは早めに少しずつでも取りかかりたいです^^;

さてさて、今日は『風景に映える白い家』よりお引渡し前の様子をお伝えします。

先日、お施主様への設備機器の取り扱い説明が行われました。

まずは、床暖房や給湯システムの操作方法などを四国ガス燃料さんが説明。

そして、キッチンやお風呂などの使い方や日ごろのお手入れについては、タカラスタンダードさんにてお話していただきました。
取り扱い説明書だけでは気が付かないところなども、メーカーさんから実際に説明が聞けるので、お引渡し前にはこのようなお時間をいただいております^^

完成報告は、また後日改めてたっぷりさせて頂きますのでお楽しみに!!

WAGAIE


2018/11/15

『風景に映える白い家』

立冬が過ぎ、今週はかなり冷え込んできましたね。
11月15日といえば七五三の日ですが、今年の11月15日は亥の月の亥の日で「こたつ開きの日」なんです。
頭寒足熱のエコな暖房器具として、近年再び注目を集めている「こたつ」、こたつ開きの日にこたつを出すと良いとされるのは、なんと江戸時代からの風習なんだそうです。
今夜も冷えそうなので、そろそろ…とお考えの方はぜひ♡

さてさて、そんな今日は『風景に映える白い家』より工事の様子をお伝えします。

玄関のタイル工事を終え、あとは玄関ドアを取り替えると玄関まわりの完成です。
工事の際の出入りで、傷が付くのを避けるため、玄関ドアは完成直前まで工事用をドアを使っています。

リビングからの吹抜けもオシャレな雰囲気に仕上がっています♪

照明器具の取付も行われました。
ダイニングにはペンダントライトを採用、美味しいお料理が並ぶ食卓を照らしてくれます。

2階の居室もクロスや照明工事も進んでいますね。
外部の給湯器の接続や網戸の取付が行われ、美装工事が終わると、完了検査となります。

WAGAIE


PROFILE

WAGAIE (ワガイエ)

香川県丸亀市の地元を中心に、
注文住宅の新築、リフォームを行っている工務店です。
「ワガママをカタチに。」をコンセプトに、
WAGAIEPROJECTを展開中です。
WAGAIEとは、
我が家(ワガヤ)+ワガママな家を意味します。

有限会社亀山工務店
〒763-0071 香川県丸亀市田村町659 (MAP)
TEL:0877-23-5313/FAX:0877-23-5314
MAIL:wagamama@wagaie.jp
OPEN:9:00-18:00
CLOSE:第1・第3土日、祝日
     (※予約の場合は営業)

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE