Blog Archives

2018/12/13

『風景に映える白い家』

 みなさま、インフルエンザ対策は大丈夫ですか?県内の小学校でも学級閉鎖がちらほら出てきているようです。人ごみではマスクを、そして、お家に帰ったら手洗いうがいをお忘れなく。

 さてさて、今回は『風景に映える白い家』の完成をご報告いたします^^

こだわりがたくさんの素敵なおうちが完成しました^^


 
照明とタイルがベストマッチングな玄関です。右側に見えるのは玄関扉です。

 
 
先ほどの写真はこちらのシューズクロークから撮影しました。

玄関横のシューズクローク(土間収納)には、収納するものによって動かせるよう可動棚をたくさん設けています。
このシューズクロークを通り抜けると、水廻りへ直接行けるようになっています。

1階はシューズクローク、水廻り、リビングと行き止まりのない回遊動線なので、お家の中がとても広く感じられます。


 
そして、ダイニング側からの写真です。
階段下は作り付けの見せる収納が。右奥にはおしゃれな欄間の和室もあります。
こちら和室は玄関ホールからも繋がっており、リビングとの間仕切りもあるので、突然の来客も大歓迎できますね。


 
肉厚な無垢材のダイニングテーブルもお部屋のアクセントになっています。

2階の廊下・階段部分です。南東に設けた大きな窓からたっぷり採光できるようになっています。

主寝室にはウォークインクローゼットと書斎を設けています。入口からは書斎が見えないようクローゼットの奥に配置した設計になっています。
天井のダークなカラーで、玄関やLDKとは違ってクールな印象ですね。

そして、リビングの大きな吹抜けが2階との空間を繋いでいます。
2階へ上がる時には、リビングを通って2階への居室へと行く動線なので、いつでもご家族の気配を感じられる間取りとなっています。
吹抜けがあると空調の心配がありますが、温水式床暖房システムを導入し、遠赤外線を利用したふく射熱が壁や天井に反射し、お部屋を均一に暖めてくれるので、室内のどこにいてもポカポカ快適です^^

撮影したのが少し夕暮れ前だったのでお伝えしにくいですが、白壁にシャドーダークのS形瓦が清楚な南欧風のかわいい外観になっています。
お天気の良い日にまた撮影しなおしますね♪

N様、この度はマイホームの完成おめでとうございます。
まだ外構工事などでお世話になると思います。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

WAGAIE


2018/12/11

『白×黒 シンプルクールな家』

この12月25日から2020年の3月末まで、丸亀市の猪熊弦一郎美術館MIMOCAが改修工事のため休館となるそうです。
駅前のシンボルの休館は少しさびしいですが、2年後さらに素敵になって、また新たなアート情報を発信してくれることを期待しています^^
丸亀市では、長期の休館に伴う、いのくまさん離れを防ぐために「新商品開発+MIMOCA」を企画してるようなので、みなさまも、かわいいいのくまさんデザインのアイテムを開発してみてはいかがですか?

詳しい情報はこちらからどうぞ ⇒ https://www.city.marugame.lg.jp/itwinfo/i33338/

さてさて、本日は『白×黒 シンプルクールな家』より現場の様子をお伝えします。

内装工事も進み、明るいホワイトカラーのクロスが貼られました。

こちらは、リビングにある造り付けのカウンターです。
家事カウンター、PCカウンターなど用途に合わせて多目的に活用できます。

階段部分には、南西からの明るい光が差し込んでいます。
壁面にどんな照明が付くのか楽しみですね。

そして、こちらは2階の洋室です。
一面に濃い色のアクセントクロスを採用し、落ち着きのあるシックな空間となりました。
また、デザイン性の高い3つ並んだ小窓は、外観デザインのアクセントにもなっています。

小窓は、規則正しく並べて設置することで、家の外観デザインの一部になります。
また、不規則に配置してもおしゃれ感が演出できるので、小窓を取り入れることで、デザイン性の高い外観をつくることができます。

WAGAIE


2018/12/10

『風景に映える白い家』

今日もかなり冷え込みましたね。
二十四節気でも12月7日から12月20日は「大雪(たいせつ)」となり、暦の上でも本格的な冬が到来する頃なんですね。

さてさて、そんな今日は『風景に映える白い家』ことN様邸の完成写真の撮影に行ってまいりました。

いつものように、完成ホヤホヤのお宅をお借りして、雑貨などを飾らせていただき撮影をさせていただきました。

こちらのお宅は、玄関を入ると和室を中心にリビング、水廻り、シューズクロークとぐるぐる回遊できる間取りとなっています。

木の温かみを感じる素敵なWAGAIEとなりました。
また後日、たっぷり完成報告させて頂きますのでお楽しみに♪

WAGAIE


2018/12/05

『飯山の家(仮)』

お鍋が美味しい季節になりました♪
ついこの間までスーパーに並ぶお野菜たちはビックリするような価格でしたが、やっと買いやすいお値段に落ち着いてきているように思います。
お鍋だと簡単で栄養バランスも良いので、野菜の価格が下がってくれると嬉しいですね♪

さてさて今日は、『飯山の家(仮)』より現場の様子をお伝えします。

外部のサッシが納品されました。
こちらの現場ではLIXILさんのサッシを採用しています。

そして今日は、お施主様と現場にて、建具などの最終確認が行われました。

室内ドア1枚にも、色々と選択する所がありまして、扉の色だけではなく、枠の色や丁番や取っ手などの仕様もそれぞれ選ぶことができます。

建具の確認が終わると、つづいて電気関係のお打ち合わせも行いました。
照明器具の位置、スイッチ・コンセントの位置などを、現場で実際の生活動線をお施主様と一緒にイメージしながら確認していきます。

屋根裏部分には、上棟式の時に使った御幣が納められています。
完成すると見えなくなりますが、ご家族のご繁栄を屋根裏からひっそりと見守ってくれることでしょう^^

ここはリビング上部の吹き抜け部分ですが、作業のため足場となる床板が敷かれています。
作業が終わると撤去されて2階の天井まで吹き抜けとなります。

今日は、久しぶりに工事中の現場へお邪魔してきました。
いつもは現場の様子を写真で見ることが多いのですが、実際の現場を見るとWAGAIEの職人さん達の技術の高さがより一層伝わってきました^^
この感動が、ブログを通してで少しでも皆さんに伝わるよう、これからも頑張って現場の様子を更新していきますね!!

WAGAIE


2018/12/04

『風景に映える白い家』

愛媛県松山市にある国の重要文化財「道後温泉本館」で、師走の風物詩となっている“すす払い”が行われたようです。
すす払いは今年一年の汚れを落とす年末恒例の大掃除、お家の大掃除も今年こそは早めに少しずつでも取りかかりたいです^^;

さてさて、今日は『風景に映える白い家』よりお引渡し前の様子をお伝えします。

先日、お施主様への設備機器の取り扱い説明が行われました。

まずは、床暖房や給湯システムの操作方法などを四国ガス燃料さんが説明。

そして、キッチンやお風呂などの使い方や日ごろのお手入れについては、タカラスタンダードさんにてお話していただきました。
取り扱い説明書だけでは気が付かないところなども、メーカーさんから実際に説明が聞けるので、お引渡し前にはこのようなお時間をいただいております^^

完成報告は、また後日改めてたっぷりさせて頂きますのでお楽しみに!!

WAGAIE


PROFILE

WAGAIE (ワガイエ)

香川県丸亀市の地元を中心に、
注文住宅の新築、リフォームを行っている工務店です。
「ワガママをカタチに。」をコンセプトに、
WAGAIEPROJECTを展開中です。
WAGAIEとは、
我が家(ワガヤ)+ワガママな家を意味します。

有限会社亀山工務店
〒763-0071 香川県丸亀市田村町659 (MAP)
TEL:0877-23-5313/FAX:0877-23-5314
MAIL:wagamama@wagaie.jp
OPEN:9:00-18:00
CLOSE:第1・第3土日、祝日
     (※予約の場合は営業)

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE