2019/05/17

綾歌の家(仮)

午後から少し風が出てきましたね。
WAGAIEオフィス内には窓からいい風が入ってきてとても心地よく快適です^^ 

さて、そんな今日は、明日上棟予定のこちらの現場より工事の様子をお伝えします。

基礎と建物の間となる土台敷きが終わり、1階の床組みまでおこなわれました。

床のパネルの下は、根太や大引と呼ばれる構造体を井桁状に渡し、間に断熱材を入れて最後に合板を張っています。

建て方で使う構造材が搬入され、足場も組まれました。
明日もお天気の心配はなさそうなので、予定通りに上棟できそうですね!

WAGAIE


2019/05/16

倉庫兼事務所改修工事

今日は汗ばむくらいの暑さとなりました。
まだ暑さにカラダが慣れていないので、少しづつ夏の暑さに負けない体力づくりをしていきましょう^^

さて今日は、大きな倉庫兼事務所の改修工事が始まりましたこちらの現場より工事の様子をお伝えします。

改修工事の始まりと言えば、解体工事からです。

まずは、既存の不要なものを撤去したり壁を壊したりの作業をしております。

古い既存のクロスもべり~っと剥がしてしまいますw

しかしめちゃくちゃ広い倉庫ですよね! 何も物を置いていないとさらに広く感じます。
今回の改修工事では、併設している事務所の方を主に工事していきます。

WAGAIE


posted by WAGAIE at 17:46 | Coment(0) | WAGAIE のこと

2019/05/15

雑誌掲載情報

こんにちは(^^)
今日は、WAGAIE雑誌掲載情報をお届けします。

本日発売の不動産情報誌『すまいズ 香川版』6月号の表紙に、WAGAIEにて施工させていただきましたI様邸が掲載されました!!

マイホームの建設地をお探しの方、香川県内の不動産情報がこの一冊にギュッと詰まっています。
コンビニや書店で見かけたら是非手に取ってみてくださいね♪

こちらのPCサイトからでもお気軽に閲覧できます ⇒⇒⇒ すまいず

WAGAIE


2019/05/14

綾歌の家(仮)

5月に入り、日差しがどんどん強くなってきましたね。
この時期はまだ夏じゃないからと油断してうっかり日焼けしてしまうことありますよね…。
じつは一年の中でも紫外線の強い時期なので、お出かけの際には紫外線対策に注意しましょう^^

さて今日は、週末に上棟予定の『綾歌の家(仮)』より工事の様子をお伝えします。

基礎の型枠が外されて、基礎が完成しました。
基礎が完成すると、次に床下の配管工事が行われます。

排水管と給水、給湯など一目で分かるようにカラフルに色分けされています。

水色が給水、オレンジは給湯、白色は床暖房用の給湯管となっています。
床貼りをしてしまうと工事がしにくくなるので、基礎工事と建て方の間で施工しています。

そして、この木材は、土台と呼ばれる構造体です。
土台とは、基礎の上に水平に固定される角材のことで、基礎とアンカーボルトによって固定されます。

ただ単に土台を基礎の上にのせるのではなく、基礎と土台の間には、基礎パッキンが施工されます。

基礎パッキンを敷くことで、基礎と土台の間に隙間が出来るため、床下の空気を外へ逃がす”換気口”となります。
現在では、この基礎パッキン工法が主流となり、基礎に換気口が設けられることはほとんどなくなっていきました。

土台敷きの次はいよいよ上棟です。
『綾歌の家(仮)』は18日に上棟予定です!

WAGAIE


2019/05/13

N様邸リフォーム・リノベーション

今日は「愛犬の日」なんですね。
私事ですが、先日、アレルギー検査を受けた所、イヌアレルギーの項目でハイスコアをたたき出しておりました…(-_-;)
自宅では室内犬と10年以上同居していますので、今更なんですけどね(笑)
今まで飼い犬にアレルギー反応は出たことがないので、引き続きこれからも大切な家族として仲良く暮していきたいと思っています^^

さてさて、そんな今日は、リフォーム・リノベーション工事を行っておりますN様邸より工事の様子をお伝えします。

まずは、サッシの施工から。
こちらは新しく取り付けられたリビングの掃き出しサッシの部分です。
サッシの外部には、サンルームも取り付けられる予定です。

こちらは、水廻り周辺のサッシです。
既存の外壁面の構造が違うため、リフォーム用のサッシを採用しています。

リフォーム工事では、既存の状態を見て、新設のサッシを使うところ、リフォーム用のサッシを使うところを使い分け、適切な施工方法で対応していきます。
どちらもペアガラスのサッシなので、施工方法が違うだけで、サッシ性能の違いはありません。
複層ガラスになることで、断熱効果や防音効果はかなり良くなるので、快適な室内環境へと変わります。

そして、外壁工事では、新しい焼杉を貼っていくための下地の施工から行っています。

今ある既存の壁材を撤去し、下地(胴縁)を新しく入れて補強し、新しい外壁材を貼っていきます。
分かりにくいですが、手前は既存の状態で奥が施工中の状態です。

まだまだこれからどんどん変化していきますので、今後の進捗をお楽しみに♪

WAGAIE


posted by WAGAIE at 16:33 | Coment(0) |  N様邸/多度津町