2017/09/20

店舗屋根改修工事

地元、丸亀城も台風の影響で、漆喰が剥がれたりなど被害が出ていたようです。
その丸亀城にて現在開催されている「キャッスルロード」を少しだけ覗いてきました。
大手門から天守閣までの道を、竹明かりなどで照らされているのが幻想的でとても綺麗でした。

  (丸亀市HPより)

今年で築城420年を迎え、夜間の天守閣が特別公開されているそうなので、お散歩に出かけてみてはいかがでしょうか^^

さて今日は、屋根の修繕工事を行いました店舗より工事の様子をお伝えします。

既存の屋根はシート防水仕上げでした。
経年劣化による雨漏りの心配がありましたので、屋根の修繕工事をさせて頂きました。

今回は、カバー工法での施工でした。
カバー工法とは 既存屋根の上に防水シートを貼り、ガルバリウム鋼板屋根を取り付けていく工法です。

まず、既存の屋根に、下地となるアスファルトルーフィングを張っていきます。

そして、前もって採寸し、工場で加工した屋根材をかぶせていきます。

新しくカバーする屋根材は、後々のメンテナンスに手がかからないように、ガルバリウム鋼板屋根材を使用しました。

カバー工法の場合、既存屋根材の撤去や処分の手間が省かれ、短い工期で施工ができます。
既存の屋根の上から施工する為、下地部分の腐食が進んでいない場合によく採用される工法です。

猛威を振るった台風18号の上陸前に工事を終えていて良かったです(^^)

WAGAIE


posted by WAGAIE at 18:19 | Coment(0) | 【店舗・飲食店等】

2017/09/19

『坂出の家(仮)』K様邸地鎮祭

台風一過で青空が戻ってきました。
香川県でも猛威を振るった台風18号でしたが、被害の方は大丈夫でしたか?
何かお住まいの事で気になることがございましたら、WAGAIEまでご相談下さいね。

さて、その台風上陸の予報の前日、坂出市にてK様邸の地鎮祭が予定通り執り行われました。

雨の中でしたが、式は粛々と行われ、これからのK様のお家づくりが安全で順調なものになるよう、お祈りがささげられました。

    

    

宮司様の粋な計らいで、ご家族全員で地鎮の儀を行いました。

K様ご家族には、とっても元気な三兄弟がいらっしゃいます(^^)

弟達の面倒見の良い、しっかり者のご長男。将来は先生になりたいそうです。
大好きなバスケットボールと勉強を両立して頑張ってくださいね^^

そして、将来は大工さんになりたい!!と語ってくれた次男君。
これからできる自分の部屋は、大工さんと一緒に作っていきます^^

そして三男君は、普段と違った雰囲気に呑まれ、地鎮祭の間はとっても緊張していました。
地鎮祭が終わると、徐々に元気いっぱいの末っ子パワー全開!!に戻っていくのが微笑ましかったです^^

式の流れをひととおり終えて、お神酒を全員で頂き、社長からの御祝のあいさつで乾杯しました。

準備や片付けの際には、三兄弟が進んでママのお手伝いをして助けてあげる姿がとても印象的でした。
ご両親の愛情がたっぷりそそがれているんだなぁと思いました。

そして、地鎮祭のあとは、ご家族揃ってご近所さんに工事のご挨拶に伺いました。

今はまだなにもないこの場所に、数か月も経てばK様のお家が建ち、三兄弟が楽しく遊びまわっているんだろうなぁと思うとその日が待ち遠しいです(^^♪
K様、この度はおめでとうございます。今後とも宜しくお願い致します。

WAGAIE


2017/09/15

『格子が織り成す美の家』エクステリア工事

今週末はせっかくの3連休ですが、台風18号の今後の進路が気になりますね…。
明日は、地鎮祭も予定していますので持ちこたえてほしいところです!!
日曜あたりには、強い勢力で四国への上陸が予想されていますので、お買い物や台風養生などは早めの対策を心がけて下さいね。

さて今日は、観音寺市にてエクステリア工事をさせていただいておりました『格子が織り成す美の家』よりお伝えします。

まずは境界ブロックです。
スクエアな形状にスリムな目地幅が洗練されたデザインブロックをベースにし、アクセントに自然石風の深い陰影が特徴のタイルを使っています。

広いコンクリート土間の部分には、コンクリート平板で変化をつけました。
気温の変化と共にコンクリートは伸縮をしますので、伸縮によるひび割れを防ぐための伸縮目地も兼ねています。

表札、インターホン、ポストを一つにまとめ、門扉も設置されました。
さらに、この門扉の横には、車が出入りできるようスライド式の門扉が設置されます。

こちらの通用門と、物干しスペースの目隠しフェンスも設置されました。

物干しスペースとして活用できるように今回施工された下屋部分もこの通りきれいに完成しました。
既存の建物とも違和感なく仕上がっています。

玄関まわりのグリーンは新築後まもなく植樹したものですが、お施主様のお手入れ状態が良く、元気に育っています。

(新築当初)

今回、工事のご依頼をいただき、建物との調和を考えたエクステリア工事のご提案をさせていただきました。
お施主様ご家族が、さらにWAGAIEに愛着を持っていただき、これからも気持ち良く暮らしていただけると嬉しいです。

WAGAIE


2017/09/14

K様事務所新築工事 上棟しました!!

昨日の帰宅時に、とってもきれいな夕焼け空が広がっていました。
あまり見たことのないようなピンク色の空に、つい見とれてしまいシャッターチャンスを逃してしまったことに深く後悔…
今日も見られるでしょうか…?

さて、今日のブログは、先日行われた事務所新築工事の上棟の様子をお伝えします。

心配していたお天気ですが、前日の豪雨が嘘のように秋晴れの空のもと作業が始まりました。

木材は建物に合わせ、すでにプレカットされ搬入されてきます。
クレーンのオペレーターさんとコンタクトを取りながら、次々と木材を運んでいき、手際よく組み上げていきます。

プレカットシステムによって、棟上げにかかる時間がかなり短縮されるようになりました。
精密に計算されているので、正確にカットされています。

これは、ポーチ柱の足元になる柱受けです。
おしゃれなステンレス製です^^

こういう場合は、大工さんが部品に合わせてささッとノミを使って削っています。

流石!!
この通り、ピッタリはまっています!!

そして、屋根の一番高い位置になる部材の「棟木」が運ばれました。
この棟木を取りつけることで、上棟、あるいは棟上げといいます。
K様事務所、無事上棟です!!

屋根を支える垂木も取り付けられました。
規則的に並んでいるのが美しいですね。

軒などの表面に現れる部分は、化粧仕上された垂木を使っています。
あっという間に天井の杉板も張られていました。

床は土間仕上げなので、一面コンクリートの基礎になっています。
基礎の立上りがないのが、いつもと少し違うところですね。

K様、この度は上棟おめでとうございます!
またお打合せに伺いますので、引き続きよろしくお願いいたしますね。

WAGAIE


posted by WAGAIE at 18:07 | Coment(0) |  K様事務所/観音寺市

2017/09/13

『自然にとけこむ藍の家』

今日は、観音寺市にて、新しいWAGAIEが上棟しました!!
上棟の様子はまた後日、ブログでレポートしますね!!
さて、そんな今日のブログは、一足お先に上棟しました『自然にとけこむ藍の家』より工事の様子をお伝えします。

間柱や、軸組みの補強材となる筋交いが入りました。

筋交いとは、壁軸組みの四辺形に対して角線状に取り付けられる補強材で、地震や暴風など横からの力から建物を守ってくれます。

こちらは、窓の支えるための部材で、上部を「まぐさ」、下の部分を「窓台」といい、建具を取り付けるために、とっても大切な部分です。
役目は似ていますが、上と下で呼び名が違うんです^^
建築用語はたくさんあって、柱にもそれぞれの名称がつけられています。

2階のバルコニーも床下地ができています。

徐々に各お部屋の輪郭が出来てきました。
この後は、現場で実際に図面と見比べながらお施主様とスイッチやコンセントの配線など電気関係のお打ち合わせをさせていただきます。

WAGAIE