Blog Archives

2020/04/24

『パティオのある平屋』

こんにちは。今週もあっという間に金曜日です(^^;
新型コロナウィルスによる日常への影響を感じながらも、おうちでも楽しめるものを探しながら、日々過ごされているかと思います。
今できること、予防・対策を徹底して確かな情報をもって過ごしていきたいですね!

さて今日は、高松市にて施工中のI様邸より工事の様子をお伝えします。

上棟後、大工工事がどんどん進んでいます。

サッシの内側の窓枠が施工されました。
窓枠はスタイリッシュなスリム枠を採用しています。

養生シートで分かりにくいですが、床材(フローリング)の施工の方も進んでいます。

そして、浴室部分にはユニットバスが入っていました。

I様邸で採用しているのは、リクシルさんのユニットバス「アライズ」です。
ゆとりのある1620サイズで、広めのユニットバスとなっています。
一日の疲れを癒してくれるお風呂、入浴時間が毎日楽しみですね!!

そして先日、お施主様と電気設備関係のお打ち合わせが行われました。

おもに、スイッチやコンセント、エアコンの取付位置など配線工事前の確認をしていきます。

打合せの間、ふたりの可愛いお嬢さんたちは、元気に新しいお家の中で走り回っていました♪
I様邸はぐるぐる回遊できる間取りなので、休校中のお子様の運動不足解消になりそうですねw

WAGAIE


2020/04/14

『パティオのある平屋』

昨日の寒さから一転、今日は気持ちのいいお天気となりました。
山々の色が黄緑色に変わり、モコモコとやわらかそうに見えました。
長びく新型コロナに対する不安感も、遠くの自然を見ていると少し忘れさせてくれます^^

さてさて、今日は高松市にて施工中のI様邸にお邪魔してきました。

上棟から2週間が経過し、ノボパン貼りがほぼ完了しています。
ノボパンとは、木造軸組工法(在来工法)耐力壁の国土交通大臣認定を取得した構造用面材です。

決められたピッチで専用釘を打つことによって耐力壁(スジカイの代わりとなる壁)になります。

屋根の施工の方も終わっています。

緩い勾配の寄棟屋根でカッコイイ外観になりそうです^^

そして、本日第三者機関の方による中間検査が行われました。
壁のボードを貼る前に、検査員の方が図面通りに正しく施工されているかをチェックしていきます。
検査に合格しないと次の工程へ進むことができないので、お施主様にとっても安心ですね。

中の様子も少しだけご紹介。

こちらは玄関になります。
奥行きのある玄関は、袖壁で仕切り、奥側はシューズクロークとなっています。

そして、お家の中心部分には中庭(パティオ)を設けています。

中庭に出て空を見上げるとすごくいい気分でした^^

採光も確保できますので、北側にある廊下の部分も明るくなります。

お施主様のこだわりがたくさん詰まった『パティオのある平屋』、
今後の進捗もお楽しみに♪

WAGAIE


2020/03/31

『パティオのある平屋』上棟しました!

3月も最終日となり、いよいよ明日からは新年度の始まりです!
不安なニュースが多く報道されていますが、こまめに手洗いうがいをすること、人混みを避けるなど「身近にできる予防」は徹底して新年度に備えましょう。

さて、今日は先日のI様邸上棟式までの様子をお伝えします。

前日まで不安定なお天気でしたが、工事が始まった時には爽やかな青空が広がりました^^

みるみるうちに家の形に組み上げられていきます。
I様邸は平屋のお家なので、広~い土台の上に柱や梁の数もかなり多く感じますね。

上棟の日は1日でほぼ家の全貌が明らかになるとても見ごたえのある工程です。
手際よく作業する大工さんの働きにもただただ感心するばかりです。

そして、無事に一番高い棟木が上がり、夕方には屋根仕舞いまで進んでいました。

屋根もかなり広い面積になるので、思ったより時間がかかったみたいです。

作業が終わると、上棟式の準備を行います。

上棟式では、棟梁が祝詞を挙げ、式の進行を務めます。

  

祝詞の後は、建物の四方を祓い清めます。

ふたりの可愛い娘さんも一緒におこないました^^

四方祓いのつぎは玉串を奉げて工事の安全を祈願しました。

最後にお神酒をいただいて上棟式を締めくくります。

上棟式の後は、隅餅を投げていただきました!

笑顔が絶えないとっても元気な姉妹がパパの投げたお餅をキャッチ!!

お子様にとっても、良い想い出になりますね。

お施主様ご夫婦は建ったばかりのマイホームを見渡して、感無量な表情でした。
上棟の日しか見ることのできない瞬間に立ち会っていただけて私も嬉しいです!

I様、この度は上棟おめでとうございました。
お引き渡しまでしっかりと工事を進めていきますので今後ともよろしくお願いいたします。

WAGAIE


2020/03/25

パティオのある平屋

慌ただしい3月もはや後半となりました。
そんな今日は、高松市にて施工中のI様邸より工事の様子をお伝えします。

今週末に上棟を予定しているI様邸では、土台敷きや土台の防蟻処理が行われています。

基礎と土台の間に見える黒い部分には、基礎パッキンと呼ばれる部材が入っています。
基礎パッキン工法の場合、従来の工法では換気できない床下の入組んだコーナーの隅々まで湿気を残さず排湿し、乾燥した理想的な床下環境をつくってくれます。

さらに、基礎と土台の間にキソパッキンを設置することで、土台がコンクリートの水分を吸収して腐ってしまう原因を解消し、シロアリが生息しにくい環境になります。

そして、土台が組まれると、防蟻処理が行われます。

基礎工事の前に、土壌に直接薬剤を散布し、2回目は、土台になる木材に直接散布して、シロアリが侵食することを防ぎます。

床を貼るとほとんど見えなくなってしまう部分ですが、見えない場所にも家を長く丈夫に保つ工程が詰まっています。

現場の近くには、白い桜の花がきれいに咲いていました。
春ですね~♪

WAGAIE


2020/02/05

I様邸新築工事

立春を迎え、暦の上では季節はもう春に入りました。
本格的な春が来るのが待ち遠しいです^^

さて今日は、高松市にて施工中のI様邸より工事の様子をお伝えします。

先日、無事に基礎配筋検査に合格をいただきましたので、引き続き基礎工事を進めております。

まずは、底盤のコンクリートを流し込むために、レッカーを使って生コンを運んでいます。

お家の真ん中には地鎮祭でお預かりしていた「鎮物」もしっかり納めさせていただきました。

底盤コンクリートが打設されると養生期間をおき、続いて基礎の立上りとなる部分に型枠を組んでいきます。

そして、組んだ型枠の中に再度生コンを流し込み、基礎の立上り部分をつくっていきます。
立上りの基礎には、建物の土台と基礎を繋ぐ大切な金物「アンカーボルト」を埋め込んでいます。
アンカーボルトは地震や風圧力に耐えるための重要な金物なので、図面作成時に計算して決められた位置に埋め込まれています。
立上り部分もしっかり固まったのを確認して型枠をばらすと、I様邸の基礎の完成となります。

WAGAIE


PROFILE

WAGAIE (ワガイエ)

香川県丸亀市の地元を中心に、
注文住宅の新築、リフォームを行っている工務店です。
「ワガママをカタチに。」をコンセプトに、
WAGAIEPROJECTを展開中です。
WAGAIEとは、
我が家(ワガヤ)+ワガママな家を意味します。

有限会社亀山工務店
〒763-0071 香川県丸亀市田村町659 (MAP)
TEL:0877-23-5313/FAX:0877-23-5314
MAIL:wagamama@wagaie.jp
OPEN:9:00-18:00
CLOSE:第1・第3土日、祝日
     (※予約の場合は営業)

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE